メガネレンズ

レンズの用途と種類

遠用レンズ(単焦点)

遠方を見たい時に使うレンズで、近視・遠視・乱視などを矯正し見えやすくします。

単焦点レンズには遠用・近用ともに、球面設計、片面非球面設計、両面非球面設計があります。

球面設計

レンズ表面・裏面のカーブが球面の一部になっている設計で、古くから使われてきました。

片面非球面設計

レンズの片面に非球面設計をおこない、レンズ周辺部のゆ

がみを抑え、より自然な見え方を目指したものです。

両面非球面設計

レンズの両面を非球面設計として、より周辺部のシャープさ

を目指したものです。

近用レンズ(単焦点)

近くを見たい時に使うレンズで、通常、遠くを見る度数に対して、使いたい距離に合わせたプラス度数を加えたものになります。

一般に、若いときには目の調節力が強く、手元の物もはっきりと見ることができます。

しかし、加齢とともに調節力が弱まり、近くの物にピントを合わせることが辛くなってきます。これを老視(老眼)といいます。

こういうときに使うのが近用メガネです。

通常、手元を見るときには、左右の目の距離は、遠方を見るときよりも短くなります。

そのため、手元用のメガネは、遠く用よりも少し小さめの物がおすすめです。

HOYAの場合は、最適な厚み、重量のレンズを作成する「HELP(ヘルプ)」加工がおすすめです。

HOYAの単焦点レンズ一覧は、下記のボタンよりHOYAのホームページをご覧ください。

遠近両用レンズ

遠用の度数と近用の度数が一枚のレンズに含まれているものです。

大きく分けて、境目のあるタイプと境目のないタイプがありますが、今では境目のない累進焦点レンズが主流となっています。

累進タイプでは、遠用度数から近用度数まで順次度数が変化しているため、どの距離にもピントの合う部分が含まれています。

多くの設計があり、同じ度数でも見え方が大きく変わる場合がありますので、購入の際には装用テストをすることをおすすめします。

HOYA累進レンズのラインアップ

・LUX Rsi (ラックス アールエスアイ) 

・LUX Msi (ラックス エムエスアイ)

・LUX Lsi (ラックス エルエスアイ)

・LUX Jsi (ラックス ジェイエスアイ)

・LUX Msv (ラックス エムエスヴィ)

・LUX Wellna (ラックス ウェルナ)

・LUX PALIOL (ラックス パリオル)

・LUX Synchro(ラックス シンクロ)

・LUX SUMMIT PREMIUM (ラックス サミット プレミアム)

・LUX SUMMIT PRO ML (ラックス サミットプロML)

・スペクティーHG

・ALIOTH TF (ラックス アリオス ティーエフ)

 

室内用レンズ

ご家庭内やオフィスなどの室内づかいが便利なレンズです。

遠近両用レンズよりも手元の見える範囲が広く、また2~3m離れたものもある程度見えますので、室内では使いやすいレンズです。

パソコンなどのデスクワークが中心で、掛けはずしするのが面倒な方には最適です。

メガネの上部に遠用度数の場所があるため、カラオケや会議の場合に、レンズの上端部分で遠くを見ると、意外と使いやすいです。

ただ、あくまでも室内用の設計のため、運転などの遠用重視の使用には向きません。

 

 

 

 

HOYA室内用レンズのラインアップ

・LUX Msi cliarc  (ラックス エムエスアイ クリアーク)

・LUX Msv cliarc  (ラックス エムエスヴィ クリアーク)

・LUX Wellna Room (ラックス ウェルナ ルーム)

・LUX Synchro Room(ラックス シンクロ ルーム)

・スペクティー ルーム

・アリオス ルーム

 

デスクワーク用レンズ

手元用ですが、手元専用(単焦点)レンズよりも、もう少し広い範囲(テーブルに新聞を広げた程度)が見えるレンズです。

たとえば、パソコンなどのモニターが少し遠いとか、新聞を置いた状態で見たい、などの時にも快適にお使いいただけます。

目的によって、ワイド感を重視したAタイプと奥行きを重視したBタイプが発売されています。

 

HOYAデスクワーク用レンズ

・Lecture TF (A・B) 

   (レクチュール ティーエフ)  

 

レンズの素材

プラスチックレンズ

現在ではほとんどプラスチックレンズが使われています。

特徴は、軽い、割れたり欠けたりしにくい、安全性が高い、色が豊富、種類が多いなどです。

また最近では、レンズ表面へのコーティング(ごく薄い皮膜加工)により、傷や汚れが付きにくい、調光機能、偏光機能などが付けれるようになってきています。

HOYAの場合、レンズの素材により屈折率が、1.5~1.74まであり、数字が大きくなるほど光を曲げる力が強く、薄いレンズになります。

ガラスレンズ

以前はすべてガラスレンズでしたが、今では少数派となっています。

特徴は、キズが付きにくい、熱に強い、薄いレンズがある、面精度が高く透明度も高いなどがあります。